toggle

死ぬまでに見たい!波照間ブルーの海★日本最南端の島【波照間島】

2017.03.21

前回の竹富島特集に引き続き今回も私の中での好きな島の上位に入る
(有人島としては)日本最南端の島、波照間島をご紹介します♪

Write&Photo:ayana


石垣島から高速船に乗ると約1時間で波照間島に到着します。
波照間島でもレンタサイクルで島を巡ります!竹富島よりは起伏はありますが、自転車がオススメ!

bicycle

 

★ニシ浜

nisihama01

nisihama02

海外に行かなくても、こんなに美しい絶景を見ることが出来ます!!
国内のビーチランキングでも一位に輝くことのある『ニシ浜』!
実際に行ってみると一位が納得出来る美しさ!
透き通った薄い水色から濃い水色へのグラデーションがたまりません。波照間島、最高!

nisihama03

そしてこのニシ浜へ向かう時、自転車で下って行くこの道が
私の中で【日本一テンションの上がる道】だと思っています。(笑)

nisihama04

nisihama05

nisihama06

波照間島の紫外線は強烈です…!沖縄の日焼けをナメてはいけませんよ~…火傷します。
海に入る時は水着の上からTシャツやラッシュガードを着るのがオススメです。
(自転車で島を巡っていただけで手首に時計の跡がくっきりとついちゃいました…。笑)

 


★日本最南端平和の碑

hyoshiki

heiwanoisibumi

日本最南端に来たんだなぁーと実感できます。マストの写真スポットです!

また、この日本最南端平和の碑の近くにコンクリート製の日本最南端の碑もあります。
『東経123度47分12秒、北緯24度2分24秒』の地点に位置しています。
日本最南端の碑は本土復帰前の1972年に訪れた学生が自費で作ったと言われています!

 


★高那崎

takanazaki01

takanazaki02

takanazaki03

takanazaki04

最南端の碑の奥にあるのは、
透き通った海の明るいニシ浜とは雰囲気の全く違う、荒々しい断崖絶壁が連なる南東岸の高那崎。
比較的穏やかな海が多い八重山諸島では珍しい景観が楽しめます!
しぶきを上げて打ちつける波の迫力、そして目の前に広がるコバルトブルー!!
最高の絶景ポイントです☆
ゴツゴツした石が多いので歩く時は注意してくださいね!
(スニーカーなど歩きやすい靴で行くのがオススメです。)

また観光名所として整備されているわけではなく、
危険な場所なのであまり先端までは行かない方がいいです!

 


★みんぴか

minpika01

minpika02

minpika03

日本最南端なだけあって日差しも強く暑い波照間島!
自転車で島を一周していると汗ダクになります。

そんな時の休憩にはかき氷屋さんの『みんぴか』がオススメ。
メニューに“はてるまブルー”の文字が。もちろん注文しました♪
ニシ浜の海のようなブルーとメロンのシロップがかかったかき氷です。
みんぴかで販売されている缶バッチも可愛くてお土産にオススメです!集めたくなりますよ~!

yagi01

yagi02

miti01

miti02

miti03

波照間島ではヤギにも出会えます!普通に道を歩いています。
サイクリングをしながらのどかな風景を楽しめますよ!何気ない道がワクワクします。

manhole

波照間島は南十字星を好条件で観測できる日本国内で数少ない島の1つとしても有名です。
南十字星は12月~6月の晴れた夜空で観測することができるらしいです!
この日は日帰りだったので、次回は波照間島に宿泊し南十字星を是非見てみたい…!

nisihama07

minato

今年も離島に行ける日を夢見て…♪

タグ: ,
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)