toggle

沖縄写真探訪①~フォトジェニックなスポットを探し求めて~

2017.02.23

写真を撮る事が好きな方にとっては、自分だけの秘密の場所やフォトジェニックなロケーションを求め、まだ見ぬ絶景を探している方も少なくないはず。
沖縄本島には世界遺産など多くの景勝地や観光スポットが存在しますが、定番と化してない新たなスポットに行きたいという方も多いと思います。

そこで今回は、ガイドブックにも載っていない思わず写真を撮りたくなるフォトジェニックなスポットをご紹介いたします。
写真を通じてその場の空気を感じていただければと思います。

Write & Photo : M.Tsuchiya
Model : Friends




1.ジュゴンの見える丘(名護市辺野古)
ジュゴンの見える丘_01
ジュゴンの見える丘_02
ジュゴンの見える丘_03
国道329号から徒歩で山道を抜けると、目の前に広がるパノラミックな風景。
見下ろすと辺野古の海を一望でき、その名の通りジュゴンの群れが見えそうなくらい透き通った海。
ブレステイキング必至です。

2.玻名城ビーチ(八重瀬町玻名城)
玻名城ビーチ_01
玻名城ビーチ_02
八重瀬町玻名城にある静かな海岸。浅瀬に存在したであろうだだっ広いプールの形跡と廃墟と化したレストランが、時が止まったかのようなディストピア感を演出しています。

3.南山城址(糸満市大里)
南山城址_01
南山城址_02
糸満市大里にある琉球史における三山時代に栄えた南山王の居城跡。
「沖縄の名木百選」に選ばれた城跡内のガジュマル群生と神域への入口として立つ石造りの鳥居が神秘的な世界へ導いてくれます。

4.スーサイド(糸満市米須)
スーサイド_02
スーサイド_03
スーサイド_04
糸満市米須海岸地区にあるスーサイド。県内では砂辺(北谷町)と並ぶサーフポイントで有名。
遠くの方までリーフエッジの波打ち際が続き、もはやここが沖縄であることを忘れてしまうくらいのスケールを感じる事ができます。

5.海中道路(うるま市与那城)
海中道路_01

勝連半島から平安座島を結ぶ道路として本島でもおなじみのスポット。
季節によって朝日の方向が変わりますが、あえて海中道路を渡らずに見る朝日が最高。今回は藪地島方面に向かう途中あたりから撮影しています。
朝焼けが海面にリフレクションして壮大さを後押ししています。まるでウユニ塩湖のよう。


どのスポットも入場料もなくいつでも訪れる事ができます。
たまには壮大な景色を目の前に、誰にも邪魔されずゆっくりと集中してシャッターボタンを押してみてはいかがでしょうか。

タグ: ,
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)