toggle

そうだ、京都に行こう。①~京都でもやっぱり飲むんですね編~


暑い!地元は暑い!!何ていうか、日差しがちょっと痛い!!!
これはもう旅に出るしかない!!!!
避暑地だ!!!!!避暑地を求めて出かけるのだ!!!!!!
いざ、京都へ!!!!!!!
 
 
あーーーー京都の方がすんごく暑い!!!!!!!!
 
 
高速バスを降りた途端、背中に汗がつたうのを感じた8月の京都。
夏の旅行にこの場所を選んだのはミスだったかなと思ったり。
いやいや、心頭滅却すれば火もまた涼しと言うではないか。
暑さをもって暑さを制すのだ。
そんなわけで、主に飲み食いばかりの京都旅レポート、お届けします。
(Write:Y.Iha)
 
 
★吟醸酒房 油長(伏見区/京都府)
 
涼を求めてやって来たのは、
大手筋通のアーケード内に店を構える油長(あぶらちょう)さん。
うっかり外観を撮り忘れてしまって申し訳ない。
 
こちらは伏見の地酒を中心に様々なお酒を販売しているのですが、
店内のカウンターでお酒を味わえるのも大きな魅力。
しかも、手頃なお値段で利き酒もできるというではないですか!
 
これはお得!
というわけで、台帳のようなメニュー表から
気になった銘柄をピックアップしてみました。
 
 
今回は“季節限定”や“油長限定”に絞ってチョイス。
真ん中の「伏見港」は油長限定で飲める人気の一本なんだとか。
いやー、お日様が出ているうちから飲む酒は美味いね。
更に言えば、どの酒も初めの口当たりがまろやかだから飲みやすい。
 
そしてもうひとつ、酒を進ませるのがこちら。
 
 
左の小鉢にあるのは、ふきのとうの味噌煮。
この甘辛い味噌の風味が酒の味を一層引き立てるわけですな。
ああ、幸せ。
 
 
■□■□■□
 
アーケードをぶらぶらしている道中、こんなものを見つけましたよ。
 
 
案内してくれた友人いわく、
「京都の定番中の定番」グリーンティー。
え、グリーンティーっていうか、緑茶でしょ?
っていうか抹茶でしょ?なぜ横文字にした?
いろいろな疑問を抱きつつも、ひとまず1杯いただいてみる。
 
むむ、お茶のそれとは違った甘味が!
しかし大味な感じにはなっておらず、抹茶の風味も活きている!
うだるような暑さにはもってこいのソフトドリンクだ!
 
抹茶風味のスイーツは色々食べてきたけれど、
抹茶そのものに甘味をつけても美味しいんだなあ。
プチ発見でした。
 
京都旅、次回につづきますよ。
 
 
吟醸酒房 油長
住所 京都市伏見区東大手町780 【伏見大手筋商店街 三番街】
電話 075-601-0147
営業時間 10:00~21:00
定休日 火曜日
URL https://www.kyoto-wel.com/shop/S81128/
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)